メニュー

当院の特徴

特徴1. 低線量CTで高画質なマルチスライスCT

被曝量の少ない低線量CTで高画質な撮影が可能な最新式のマルチスライスCTを導入しております。更に最小で0.625mmの薄さで撮影可能なので微小な病変も見逃さずに画像検査が可能です。

特徴2. 総合病院と同等の呼吸機能検査

呼吸器科専門医として呼吸器疾患を早期発見、正しく診断できるように各種呼吸機能検査機器を導入しております。特に通常の呼吸機能検査では診断が困難な長引く咳の患者さんを正しく診断できるように、呼吸抵抗検査、呼気一酸化窒素濃度測定、喀痰の好酸球塗抹検査など総合病院と同等の呼吸機能検査が可能です。

特徴3. 睡眠時無呼吸症候群の検査と治療を一貫して行えます

睡眠時無呼吸症候群の外来でのスクリーニング検査、治療が必要な状態と判断された場合のCPAPによる治療を一貫して行えます。入院の上精密検査が必要な患者さんは私がこれまで勤務しておりました行田総合病院などの連携病院にご紹介してスムーズに検査を受けていただくことが可能です。

特徴4. 適切な高次医療機関をご紹介可能です

埼玉県北部で15年呼吸器内科専門医として診療を続けておりました。これまで連携させていただきました医療機関は埼玉県内、東京都内、群馬県と多岐に渡ります。

常に患者さんに最適な医療が提供できますように呼吸器科のネットワークを生かして治療させていただきます。当院で対応が難しいと判断する場合にはそれぞれの患者さんのご病気の種類、重症度、ご希望にそって適切な高次医療機関をご紹介させていただくことが可能です。

診療内容

一般的な内科系疾患

高血圧、糖尿病、脂質異常症、生活習慣病、脳卒中、感冒、急性胃炎や腸炎など消化器感染性疾患

呼吸器系疾患

気管支喘息、COPD、睡眠時無呼吸症候群、間質性肺炎、慢性呼吸器感染症(非結核性抗酸菌症、真菌感染症、緑膿菌、放線菌、ノカルジア感染症)、気管支拡張症、慢性呼吸不全の患者さんの在宅酸素療法

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME